EDトレンド

バイアグラなどのED治療薬の今を語ります!

*

2017年にオオサカ堂よりアイドラッグストアーへとされるようになったのはクレジットカードが使えない問題の発生が原因

      2017/10/28

老舗には理由がある

個人輸入代行サイトとして長い歴史を有しているオオサカ堂アイドラッグストアーは信用できるサイトとして多くの個人輸入代行を担ってきました。
誰もが安心して利用してきた歴史があるのは初めて個人輸入代行サイトを利用したいという人にとって安心感を与えるものであり、それが着実に利用者数を増やすことにつながってきました。
運営主体となっている企業の歴史も長く、2017年の時点でオオサカ堂の場合には創業から20年、アイドラッグストアーでは創業から36年にも及んでいます。
数百万件という単位で個人輸入代行を行ってきた実績を持っている点でどちらも多くの人から支持を受けてきた個人輸入代行サイトです。

老舗に起きたトラブル

しかし、2017年の7月以降、オオサカ堂よりアイドラッグストアーがおすすめとされるようになってきました。
それ以前はややオオサカ堂が優勢という状況があったにもかかわらず、この時点で大きな転換が生じたのはクレジットカードが使えない問題が発生してしまったからです。

個人輸入代行サイトで商品の注文をするときに決済方法としてクレジットカードは最もよく利用されるものになっています。
銀行振込などにも対応していますが、クレジットカードであれば手数料が一切かからず、ポイントバックなどのカード会社側からのサービスも受けることができる点でメリットがあるのが選ばれている理由です。
2017年の7月に起こった事件ではカード決済を行ったときにエラーが発生するのが問題でした。
カードの決済処理は行われているにもかかわらず、商品の手配をする方向にシステムが進んでいかなかったのです。
詳細については開示されていませんが、注文時にエラーが発生してシステムが停止してしまい、決済までは行われても注文は完了しない状況になってしまっていました。

トラブル対応はしたものの

そのため、多重注文をしてしまった人への対応も含めて該当する期間の注文について全てキャンセル処理を行い、カード会社を通じた返金処理を行うという形でオオサカ堂は対応しています。
この対応に対して不信感を抱く利用者も少なくはなく、すぐに欲しいと考えていた商品が手に入らずに困った利用者もいます。
そのため、再度の問題の発生を懸念して、同じように大手の個人輸入代行サイトであるアイドラッグストアーの方が安心だと考えるようになってきているのです。
信用が大切なインターネット取引だからこそ、一つの事件が利用者に大きな影響を与えています。

バイアグラ100mg?100ml?を購入できるサイト

バイアグラとは?

バイアグラは、世界的大手のファイザー製薬が製造する勃起不全薬です。1998年春に登場し、これまで多数の男性を助けてきました。 もともとバイアグラは、狭心症の薬として開発されておりましたが、その効果はほとんど見られず、副作用として勃起力を促進することが確認されました。 ファイザー製薬のブライアン氏は下記のことを言っていたそうです。 『最初われわれが試験していたのは血管障害に対する研究で、バイアグラの主成分シルデナフィル(sildenafil)の血圧降下作用に関する効果だった。 しかしその間、バイアグラの試験薬を使った人たちがそれを返してこないことに気づいた。 バイアグラに、勃起の促進や持続時間を長くする効果があったからだった』 すばらしい画期的な商品は、フタを開けると大失敗の末に偶然見つけたことだったりしますが、まさにバイアグラはその象徴かもしれません。

バイアグラの服用方法

バイアグラの服用方法は、基本的には性行為の約30分~60分前に服用します。 効果が現れるまでの時間は、個人差がございます。 また、空腹時に服用すると、即効性があるとも言われております。 アルコールと併用すると薬効が薄れることもございます。

バイアグラの副作用

バイアグラを服用すると下記副作用が発生することもございます。 ●胃痛 ●鼻水・鼻づまり ●視覚異常 ●腹痛 ●めまいや顔のほてり その他、血管拡張作用のため、頭痛やのぼせが起こることもございます。 なかには、深刻な副作用も確認されています。4時間以上の痛みを伴う勃起が継続される、持続勃起症による勃起機能の喪失や、突発性難聴がこれにあたります。 そのため、バイアグラを服用する際は、必ず医師に相談してから服用するようにしましょう。

 - オオサカ堂