EDトレンド

バイアグラなどのED治療薬の今を語ります!

*

オオサカ堂でJCBのクレジットカードが使えないときはアイドラッグストアー

      2017/10/18

JCBが使えない?

オオサカ堂でJCBのクレジットカードが使えないときはアイドラッグストアーがおすすめです。
以前は普通にカードも使えていたようですが、最近どうやら使えたり使えなかったりと動作が不安定になっているようです。
普通、このようなことが発生すると利便性はもちろんのことサイトの信用にもかかわりますから、即座に対応するものでしょうが、どうも対応が鈍いような気がします。
さらに、使えるときも使えないときがあるというような状況になると、これはもうきちんとした対処を放棄していると思われても仕方がないかもしれません。

そもそも、本音を言えばお店側としてはできればクレジットカードは使って欲しくないというのがどの店でも当てはまります。
カードは利用者にとっては、とくにネットショップで利用するときには非常に便利です。
その場ですぐに決済できるということは当然として、たとえ現金の持ちあわせや銀行口座に残高が足りないときでも利用できる、分割払いが利用できる、さらにはポイントも貯まるというように、非常にメリットの大きい決済手段です。
ところが利用者にとってのメリットは決してお店にとってのメリットになるとは限りません。

カード決済は手数料が引かれるから

お店にとっての最大のデメリットは、カード決済されると手数料がかかるということに尽きます。
カード会社によっても、あるいはお店の種類によっても異なりますが、売れた商品のその代金分だけが後日カード会社からお店に支払われるわけではありません。
数パーセント分の手数料が差し引かれてしまうのです。
仮に5%としても決して小さくない数字です。
もちろん利用者は代金の100%のお金が後日銀行口座から引き落とされるわけですから、その差額というのは実はカード会社の利益、儲けになっているのです。
ポイントが付くとしても多くても1%程度でしょうから、お店側が負担すべき手数料の大きさが分かろうというものです。

どこに本音が?

もちろん、こんなデメリットだけではどんなお店もカードが使えるようにしたいとは思わないでしょう。
利用者にとって利便性があり、カードが使えるお店であるということでお客さんが集まると考えるからこそ、デメリットを我慢してでもカードが使えるお店になっているわけですが、思ったようにお客さんが集まらないとか、売り上げが思ったほど伸びないという状況がもしあれば、お店側の本音が表に現れてしまうのかもしれません。

もちろんこれは想像であって、本当は単にシステム的な問題なのかもしれませんが、いずれにせよ利用者としては困ったことです。

バイアグラ100mg?100ml?を購入できるサイト

バイアグラとは?

バイアグラは、世界的大手のファイザー製薬が製造する勃起不全薬です。1998年春に登場し、これまで多数の男性を助けてきました。 もともとバイアグラは、狭心症の薬として開発されておりましたが、その効果はほとんど見られず、副作用として勃起力を促進することが確認されました。 ファイザー製薬のブライアン氏は下記のことを言っていたそうです。 『最初われわれが試験していたのは血管障害に対する研究で、バイアグラの主成分シルデナフィル(sildenafil)の血圧降下作用に関する効果だった。 しかしその間、バイアグラの試験薬を使った人たちがそれを返してこないことに気づいた。 バイアグラに、勃起の促進や持続時間を長くする効果があったからだった』 すばらしい画期的な商品は、フタを開けると大失敗の末に偶然見つけたことだったりしますが、まさにバイアグラはその象徴かもしれません。

バイアグラの服用方法

バイアグラの服用方法は、基本的には性行為の約30分~60分前に服用します。 効果が現れるまでの時間は、個人差がございます。 また、空腹時に服用すると、即効性があるとも言われております。 アルコールと併用すると薬効が薄れることもございます。

バイアグラの副作用

バイアグラを服用すると下記副作用が発生することもございます。 ●胃痛 ●鼻水・鼻づまり ●視覚異常 ●腹痛 ●めまいや顔のほてり その他、血管拡張作用のため、頭痛やのぼせが起こることもございます。 なかには、深刻な副作用も確認されています。4時間以上の痛みを伴う勃起が継続される、持続勃起症による勃起機能の喪失や、突発性難聴がこれにあたります。 そのため、バイアグラを服用する際は、必ず医師に相談してから服用するようにしましょう。

 - オオサカ堂